フラット35の金利はどうなっている?

今後マイホームを購入される方やフラット35を検討している方は、是非、注意して頂きたいポイントがいくつかあります。
最初で最後の大きな買い物になるかもしれません。
それ故、利息が安いからという理由だけで決めないで下さい。
おすすめは、実質負担額がいくらになるのか?で選びましょう。
いくら金利が安くても保証金や事務手数料がかかると、結局、総返済額が大きくなってしまう可能性があるからです。
そしてその時の景気に合わせて変動金利か固定金利かを選択し、長い目で考えてどれが一番良い選択かを見極めましょう。
選択に迷った時は評判をみてみるのも一つの方法ですね。
住宅ローンを組む時に一番気になるのは金利だと思います。
住宅ローンの金利というのは大きく分けて固定金利と変動金利があります。
どちらを選ぶかはその人次第で、銀行から薦められる事はありませんから・・・。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。
何年か後に、夢のマイホームを建てる計画をしている方は殆どの場合、火災保険の手続きも一緒に行います。
これだけ見積もってもかなりの高額のお金を請求されるのに、なぜまた保険料も求められるのかと思う方もいるでしょう。
とはいえ、絶対に家事にならないとは言い切れないですしこの保険に加入していないとその分のローンが残るだけでなく、家が無くなっても支払いを余儀なくされます。
何かあっても問題を解決できるように、申込みをしておけばお金を貸したローン会社もあなたも損をしない選択なのです。
このような理由で、契約を求められるという訳です。

フラット35金利のQ&A!推移と動向調査!【固定金利のメリットは?】