ローン一本化はおすすめなの?審査基準とは?

複数のキャッシング業者を利用していると、毎月の返済が複雑になり、管理が面倒になってきます。そうした場合には、キャッシングの借り換え(一本化)をおススメします。管理が楽になるばかりか、金利を下げるのにも最適な方法です。 僅かな金利の違いであっても、長期間返済することを考えると、今より低い金利の業者でローン一本化できるのなら、借り換えが成功したと言えるでしょう。

そもそも、キャッシングの金利というものは、借入総額が大きくなるほど低金利に修正されるものです。 一つ一つの借金は小さな額だとしても、ローン一本化よって一つの高額の借入金として扱えることができれば、もっと、低金利にできるのではないでしょうか。

ローン一本化の審査基準では安定した収入のあることが重要視されますが、正社員ではない派遣社員の場合でも、キャッシングで融資を受けることはできます。正社員よりは審査が厳しくなるので借入限度額は少なくなってしまうケースも少なくありません。とはいえ、安定して定期的な給与を得ている場合は、スムーズにローン一本化審査をパスできるはずです。 なお、在籍確認は派遣会社、あるいは働いている会社のどちらかに連絡がいきますが、業者に伝えておけば、希望する方の会社に在籍確認してもらえます。

キャッシングの選び方の一例ですが、仮に今後も必要な時にはキャッシングでお金を借りる可能性がある、という方は、生活圏にキャッシングに対応したATMが設置されているかを調べてからどこから融資を受けるのか考えてみましょう。また、便利な場所にATMがあると、安易にお金を借りてしまいそうだと不安な方は、逆にあえて面倒な場所にATMがあるサービスを選択することも一つの考え方です。

しかし、デメリットとして、返済も面倒になるという点が挙げられます。 借り入れ後の計画を立て、どちらがご自分にとってより便利に使えるかを考えてみましょう。 大抵、カードローンの契約時に公的機関が発行する身分証が必要です。 ですが、50万円を超える借入や、周期的な給与が出ない職業に就いている際は、身分を証明できるものだけでなく、いくらの収入があったか証明するのに公的証書書類が不可欠です。 他にも、勤め先へ在籍確認をできることなら書類を提出することで済ませたいなら、その書類の用意も必要です。

参考:ローン一本化審査甘い?おまとめ危険?【おすすめの銀行一覧】

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムにはおまとめローンとして使える借換え専用ローンというキャッシングローンがあります。

消費者金融は総量規制を受けるため年収の1/3を超える融資ができませんがおまとめローンのように顧客のメリットになる貸し付けには例外貸付が適用されます。

総量規制が適用されない例外貸付とはおまとめローンの借入れを含めた借入額が年収の1/3をオーバーしてもOKな制度です。

アコムのカードローンに比べて借換え専用ローンは300万円と低めの限度額ですが借換え専用ローンの金利は一般向けローンよりも高い設定です。

借換え専用ローンの借入金については限定されており貸付金額は元金の範囲内となります。

おまとめローンというものは複数の借入れ先を1つにまとめることができるローンで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を低く設定し直すことができます。

毎月の返済額を減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますがおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長くなるということは、長くなった分だけ金利が発生しますから返済する総額はおまとめする前と比較すると、増えることになるでしょう。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が承認されれば、現在よりも低金利で借り入れられることになります。

ですから、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションして返済額を算出すれば返済総額を増やさなくても、毎月の楽な返済を実現できるのです。

多重債務を1本化できるおまとめローンは借入れ残高の管理がしやすくなり、場合によっては金利も押さえることができます。

良いことばかりのようなイメージのおまとめローンですがデメリットもありますので、あらかじめ調査することが必要です。

おまとめローンにも契約前にカードローン審査がありますがおまとめローンだからと言って、審査が甘くなることはありません。

毎月の返済額を少なくしたいという人は返済期間が長くなるので利息が多くなりますから、現在よりも損をすることになります。

毎月の返済額が減ると生活に余裕が出来たと錯覚する人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

おまとめローンは数社の借入れをまとまられるので毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。

おまとめローンもキャッシングローンなので審査がありますが通常のカードローンよりも最低金利が高く、限度額が低いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を数値で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は3.0%から17.5%(アイフルおまとめMAX)となっています。

おまとめローンをどちらの金融業者から借り入れるにしても毎月の返済金額を下げるという事は返済期間が長くなるということです。

返済期間が長期化すれば支払う利息も増えてしまうので最終的には返済総額は大きくなる結果となります。

プロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングローンがあります。

消費者金融カードローンですが、大きな違いは年収の1/3を超える貸し付けも認められていることや返済だけしかできないカードローンだということです。

6.3から17.8%と高めの金利設定になっていますが即日審査、最短即日融資は銀行のおまとめローンではなかなか真似ができません。

最大限度額が300万円以下という上限がつきますが申込資格は20歳から65歳以下で安定継続した収入がある人だけなので勤務形態の規制はありません。

既存の借入先への返済を代行してくれるだけでなく代行手数料や振込手数料、更には繰り上げ返済手数料も無料になるメリットがあります。

おまとめローンというローンは頻繁に利用するローンではありませんから利用を考えている大半の人が、知らないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類、メリットやデメリットなどの疑問は金融機関のHP上にある「よくある質問コーナー」に回答があります。

借り入れの総額がどれくらいになったら、おまとめローンを検討したほうがよいかといった一般的な質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して情報サイトを探すのがいいでしょう。

情報サイトなら消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットも記載されていますし金利やサービス内容の比較等もあるため、金融機関のHPでは得られない情報が満載です。

審査に通るコツや落ちる人の傾向など、初めてローンを組む人には大変有益な情報も多いのでおまとめローンの利用を検討している人は、是非検索してみてください。

おまとめローン審査が難関な人はゼッタイに通らないとあきらめていてはいけません。

通常のローン審査では年収や勤務先などの個人情報を採点したり情報センターに問い合わせをしますがこれらの項目に問題が無ければ審査落ちすることは考えにくいです。

年収が低い人でも借入れ総額との兼ね合いによっては問題がありませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査落ちは必至です。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり公務員や大企業の社員なら信頼度が高いので審査に有利になります。

おまとめローンの場合、利用者は多重債務者なので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。

おまとめローンの手続きで一番簡単な方法は申込から契約まですべてインターネットで行えるweb完結です。

自宅からなら気兼ねなく申し込みができますし、わざわざ出かけて行かなくても申し込むことができます。

web完結とweb申し込みは間違えがちですがweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。

web申込みは申し込み手続きだけをインターネットで行って自動契約機に免許証を持参して手続きをとりローンカードを受け取る方式もあります。

web完結なら曜日や時間に関係なく手続きができるだけでなく周囲にバレるリスクを減らす事ができます。

おまとめローンとはいくつもの金融業者から借り入れをしている人が既存のローンを一括返済するために、新規の融資を受けるためのローンです。

複数の金融業者から借り入れをしているとバラバラな返済日なので残高の管理が困難です。

与信枠が低いと金利が高くて不利になりますから何件ものローンを1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

でも、おまとめローンを利用したい人は多重債務者ですから審査の目が厳しくなったり、通らないことも考えられます。

おまとめローンという商品を提供している金融業者もありますのでそのような業者を積極的に狙った方が良いでしょう。

おまとめローンは複数のからの融資を1本化することで毎月の返済額や利息下げるというメリットがあります。

しかしながら、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても場合によっては、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組めたとしても元本は変わりませんので毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。

返済期間が延びれば延びるほど支払う利息も比例して増えていきますので返済総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いので追加融資が可能ですから借入額が増えるリスクも含んでいます。