ローン一本化はおすすめなの?審査基準とは?

複数のキャッシング業者を利用していると、毎月の返済が複雑になり、管理が面倒になってきます。そうした場合には、キャッシングの借り換え(一本化)をおススメします。管理が楽になるばかりか、金利を下げるのにも最適な方法です。 僅かな金利の違いであっても、長期間返済することを考えると、今より低い金利の業者でローン一本化できるのなら、借り換えが成功したと言えるでしょう。

そもそも、キャッシングの金利というものは、借入総額が大きくなるほど低金利に修正されるものです。 一つ一つの借金は小さな額だとしても、ローン一本化よって一つの高額の借入金として扱えることができれば、もっと、低金利にできるのではないでしょうか。

ローン一本化の審査基準では安定した収入のあることが重要視されますが、正社員ではない派遣社員の場合でも、キャッシングで融資を受けることはできます。正社員よりは審査が厳しくなるので借入限度額は少なくなってしまうケースも少なくありません。とはいえ、安定して定期的な給与を得ている場合は、スムーズにローン一本化審査をパスできるはずです。 なお、在籍確認は派遣会社、あるいは働いている会社のどちらかに連絡がいきますが、業者に伝えておけば、希望する方の会社に在籍確認してもらえます。

キャッシングの選び方の一例ですが、仮に今後も必要な時にはキャッシングでお金を借りる可能性がある、という方は、生活圏にキャッシングに対応したATMが設置されているかを調べてからどこから融資を受けるのか考えてみましょう。また、便利な場所にATMがあると、安易にお金を借りてしまいそうだと不安な方は、逆にあえて面倒な場所にATMがあるサービスを選択することも一つの考え方です。

しかし、デメリットとして、返済も面倒になるという点が挙げられます。 借り入れ後の計画を立て、どちらがご自分にとってより便利に使えるかを考えてみましょう。 大抵、カードローンの契約時に公的機関が発行する身分証が必要です。 ですが、50万円を超える借入や、周期的な給与が出ない職業に就いている際は、身分を証明できるものだけでなく、いくらの収入があったか証明するのに公的証書書類が不可欠です。 他にも、勤め先へ在籍確認をできることなら書類を提出することで済ませたいなら、その書類の用意も必要です。

ローン一本化審査甘い?おまとめ危険?【おすすめの銀行一覧】