クレカのキャッシングとアコムはどっちがいいの?

お金を貸し付けてもらうことができる金融機関には銀行の他にも、消費者金融やクレカなどがあります。

昔は銀行からお金を借りるためには融資までに時間がかかっていましたが最近は銀行でもアコムのカードローンが取り扱われるようになったため短時間で借りられるようになりました。

利益を上げています。

銀行と消費者金融の金利を比較すると消費者金融の金利の方が高いことが多いと思います。

とはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますので必ずしも消費者金融のほうが金利が高いとは言い切れません。

消費者金融アコムと言うとサラ金や街金が連想されあまり近寄りたくないと思う人が多いです。

バブル崩壊期は酷いもので法律を無視した暴力的な取り立てや時間などお構いなしに自宅へ押しかけ恫喝をしたり乱暴な取り立て行為が横行していました。

現在は、法律が改正され銀行の傘下に入る企業が多くなりましたのでブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップを計っています。

一方でCMの内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまって意図が分からない、何のCMだか分からないという声もあります。

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

審査基準が高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者であることは、あまり知られていないですよね。

貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

一般的なイメージでは銀行の方が頭が良さそうだと思われていますが審査に関しては圧倒的に消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行は預金などの業務の一環として金融も行っているだけなので融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が格段に高いと言えます。

各消費者金融業者の借入れの条件や詳細なデータはランキングサイトを見れば一覧できます。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているサイトもありますし、一覧表にして比較しやすく表示してくれるサイトもあります。

消費者金融アコムごとにおすすめポイントが掲載されていたりするので、消費者金融に疎い人でも、簡単に比較することができます。

更に公式サイトへのリンクを貼っているサイトもありますからランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。

しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。

お金を借りる方法としてカードローンがありますが銀行が融資してくれるものと消費者金融が融資してくれるものと2種類があります。

銀行カードローンのメリットは低金利で、限度額が大きいということが挙げられますがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のアコムのキャッシングの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、個人の収入や借入れ状況によっても限度額が大きく左右されます。

そのため、消費者金融の方が銀行よりも不利と言えますが、消費者金融のアコムのキャッシングは比較的審査に通りやすいと評判なので属性に自信が無い方にもおすすめです。

また、審査結果の通知も早く、即日融資もしてもらえるので急な出費で急いで借りたいという人にはおすすめです。

お金を融通してくれる金融機関はたくさんありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

ノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融アコムやクレジットカード会社、信販会社などがあります。

クレジットカード会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内に限りアコムのキャッシングサービスの提供も行われています。

これに対して消費者金融とは貸金業専門の金融機関で限度枠内ならば借り入れと返済が何度でも可能となることが特徴です。

銀行と消費者金融の違いは業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

通常、消費者金融アコムのキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利になっていることが多いです。

消費者金融のアコムのキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行カードローンの最大貸出限度額は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

しかしその一方で、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のアコムのキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、銀行の場合は要口座開設などといった条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能はありませんので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

消費者金融は借りる時はとても簡単に貸してもらえるけど返済が遅れると怖いというイメージを持つ人は多いと思います。

昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが近頃は消費者金融も法律を守るようなっていますので、そのような怖い目に合うことはありません。

金利は銀行のカードローンと比べると高めですが提携ATMの数は銀行に勝っています。

借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行えますしATM手数料が無料というところが多いので銀行カードローンよりも便利だったりします。

また、消費者金融レディースローンを用意しているところも多いので女性の利用者も増えています。

消費者金融のアコムのキャッシングと銀行のアコムのカードローンには違いがあります。

それぞれにメリットデメリットがあるので比較してみました。

消費者金融アコムのメリットといえばやはり審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較した場合金利が高いことや、借入限度額が低いというデメリットもあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法には総量規制と呼ばれるものがあります。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されアコムのキャッシングやアコムのカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

消費者金融のアコムのキャッシング審査は割かし通りやすいと言われているので審査に落ちる人には、それなりの理由があると思います。

過去に自己破産を経験した人や延滞した事がある人は金融業界で要注意人物としてブラックリストに入れられている可能性があります。

また、消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制が定められており年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のカードローンでは50万円が限度額となります。

又、複数の金融業者から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融アコムでも審査が厳しくなるのは言うまでもありません。

消費者金融は貸金業という法律によって規制されているため銀行を規制する銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制があることです。

総量規制は年収の1/3を超える融資を禁止するものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融アコムに借り入れ申請をしても仮審査も通りません。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲内であれば借り入れや返済を自由に行うことができるアコムのキャッシングローンです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて毎月の返済日に必ず引き落としされる約定返済という返済方法が基本となります。

返済額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内から利息を差し引いた分が元本の返済に充てられという流れです。

そのため、利息の計算日までにできるだけ元本を少なくしておくことが利息を安くする一番有効な方法なのです。

返済方法には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

アコム店舗ATM!申し込み最速WEB窓口【借り入れ審査スマホ対応】